職場恋愛は嫉妬が辛い…そんな人のイライラ解消メゾット5選

職場恋愛は嫉妬が辛い…そんな人のイライラ解消メゾット5選

UPDATE:2019.06.19
注意すること

彼と交際している事を隠しながらの秘密の交際を楽しんでいる人も多い職場恋愛。みんなにバレないように付き合うのは楽しいけど辛い…職場恋愛で辛い気持ちになってしまう最大の原因は嫉妬ではないでしょうか。

同じ職場にいれば嫌でも大好きな彼が他の女性と楽しくお話している姿を見つけてしまいますよね。嫉妬深い人は彼が他の人と話しているだけで嫌という方もいるでしょう。こちらの記事では職場恋愛を楽しむ嫉妬解消法を紹介していきたいと思います。

職場恋愛が辛いと感じる瞬間はどんな時?

大好きな彼と仕事中もずっと一緒にいられるなんて夢のような生活と思っているかもしれませんが、実は良い事ばかりではないのが職場恋愛です。嫉妬以外にも職場恋愛ならではのトラブルが実は多く、色々な悩みを抱えながら恋愛をしていかないといけないのです。嫉妬以外で職場恋愛で辛いと感じる場面はどんな時に訪れるのでしょうか?

彼が怒られている所を見てしまった時

いつも頼りになる彼も職場では一番上であるという事は少ないでしょう。トップでない以上は上司が必ずいますから仕事でヘマをすれば上司から怒られるはずです。いつも頼りになる彼が誰かに怒られている姿を見るというのは女性としてはちょっと辛いと感じる場面かもしれません。仕事ができる人であればある程に怒られるところを見る機会は減っていくと思いますが、それでも何かあれば怒られていたり、怒っているケースは多々見ると思います。

常に一緒にいる事がアダとなる事があるのがこういう時で、男性側からしても自分がこっぴどく怒られている所を彼女に見られたくないはずですから、その後のご飯などはちょっと気まずい空気が流れたりしちゃうかもしれません…

しかしそんな時は彼を精一杯励ましてあげるのが彼女の役割です。怒られてへこんでいる彼に対して言葉を投げかけてあげて元気を与えてあげるのが彼女の仕事です。美味しいご飯を作ってあげて、何も言わずに彼の愚痴を聞いてあげるのが良いでしょう。そうすれば彼女としての彼からの好感度も更に上がっていくと思いますよ。

彼が可愛い女性と話しているのを見た時

下で詳しく解説していきますが女性は嫉妬深い生き物です。男性よりも嫉妬心が強いとされていて、同じ職場であれば綺麗な女性や可愛い女性と彼が楽しく会話をするシーンを何度も目撃する事になるでしょう。嫉妬深い人であればそれだけで傷つき、辛い気持ちになってしまうかもしれませんね。

同じ職場であれば仲良しな同僚もいるでしょうし、女性としてみていなくても友人として好きな同僚も数多くいるかもしれません。そういう友人関係にまで口出しすると重たい女性と思われるかもしれませんので、グッとこらえる以外にないのかなと思ってしまいがちですが…それがそうでもありません。詳しくは下の項目で詳しく解説していきたいと思います。

とにかく彼が近くにいる事の弊害は余計な嫉妬心をかきたてられてしまうというもの。同じプロジェクトや同じ仕事をしていると更にその女性と話す機会が多くなり、その女性と2人っきりで真剣に、時に楽しく話している場面を多く見てしまう事が考えられますので、そういった時の嫉妬心は上手にコントロールしていかないといけないでしょうね。

彼が近くにいるのにイチャイチャできない時

職場恋愛は周りの人に隠しながら付き合っているケースが多いです。周りの人皆に伝えると面倒な事に巻き込まれたり、変に気を遣われたり、長い職場であればからかわれたり弄られたりと煩わしいことも多かったりしますので、かくしてコッソリ付き合っている事も多いでしょうね。

しかし周囲に隠しながら付き合っていると普段のプライベートと職場での対応に気をつけないといけない場面が多々出てくると思います。例えば話し方もそうですよね。普段はもちろんタメ口で話していても職場では敬語じゃないといけない、普段は違う呼び方をしているので仕事中についつい間違えて普段呼んでいる名前で呼びそうになってしまうなど…気苦労が絶えないのも事実です。

付き合っている事を隠しているのであれば一緒に帰宅する事もできませんし、職場で話す時もイチャイチャする事は当然できません。彼が目の前にいるのに気軽に話す事ができなかったり一緒に帰宅する事ができなくて時間をずらさないといけないのは辛いですよね。そういう気苦労を楽しいと思える精神力を持っている女性でなければ職場恋愛はできないかもしれません。

職場恋愛の嫉妬を解消するにはどうしたら良いの?

上でも紹介したように女性は嫉妬深い生き物です。自分よりも素敵で可愛い女性と仲良く会話しているのを目撃してしまったら、仕事の話と分かっていても嫉妬してしまいますよね。どうしても嫉妬心を抑えられない…という人はその嫉妬心を解消しなければいけません。そんな時のコツを紹介していこうと思います。

ただひたすら我慢

精神力が強く我慢強い人にオススメなのは我慢です。ただし我慢のしすぎは自分自身の体調を崩してしまう危険性がありますからオススメできません。嫉妬がどうしても我慢できない時は素直に吐き出すのが吉ですが、別にそこまで大袈裟に考える問題でもないなと思ったら我慢するのが良いと思います。

彼が女性と話しているのは仕事です。正直な話ここで嫉妬で怒ったりしても良い事が待っているとは思えませんし、それで何かが改善するとは思えません。彼が一生自分以外の女性と話さないなんてことはあり得ませんから、たとえ嫉妬したとしても彼には伝えず、グッと我慢するのが良いでしょう。どうしても我慢できなくなった時だけ伝えるようにするべきです。

基本的には男性は女性の嫉妬心に気付きません。更に男性は女性の嫉妬心を理解できない場合もありますので、彼も悪気があってやっている訳ではありませんから、ある程度は仕事だと割り切って寛容な心でうけとめてあげるのが良いかもしれませんね。

彼に伝える

辛いものは辛い。それは変える事ができない事実ですから彼に対してきちんと「女性と仲良く話しているのを見るのは辛い」と伝えるのも手です。女性は彼に察して欲しいと思っている方が多いと思いますが、女性の気持ちを自分が何も言わない状態で相手にわかってもらおうなんておこがましいです。基本的には自分が思っている事はきちんと言葉にしなければ彼は分かってくれません。嫉妬でイライラしていても、彼には何でイライラしているのか理解できませんから、きちんと1から説明してあげるのが親切なのです。

彼に伝えて、その後彼がどういう反応を示すか、どういう言葉を投げかけてくるのかをしっかりと見極めてから彼の事を理解してあげましょう。職場内での仕事の会話は辞める事ができないけども、その後の昼食を一緒に食べるなどは控えるようにするなど、彼から譲歩の条件を提示されたら素直に応じてあげるのが良いと思います。

そこでさらにごねたりすると彼から面倒くさい女だと思われてしまうかもしれませんので、彼が譲歩した訳ですからこちらもある程度は譲歩してあげて、お互いに擦り寄る形で嫉妬に対して理解を深めていくのが最善と言えるでしょう。

解決策を2人で考える

上のきちんと嫉妬している事を伝えるのと関連していますが、2人で嫉妬に関して解決策を練る事も大切です。一人で我慢する事ができない女性は特に2人で話し合って自分の嫉妬を相手に理解してもらう必要があります。

例えば仕事の話をするのは良いけどその後の2人っきりでご飯を食べているのは嫌だ、であるとか、自分はここからここまでは我慢できるけどここから先は我慢できないという事をしっかりと彼に伝えるべきです。伝えなければどこまでが良いのか彼も分かりませんから、解決するも何もありません。

彼に自分の嫉妬についてきちんと理解してもらえるように解決策を練っていくような話し合いを進めていけるようになると良いですね。

仕事は仕事と割り切る

自分の気持ちと向き合い意識を改革する方法です。嫉妬していると言っても相手は仕事上の女性です。仕事は仕事、きっちりと割り切ると嫉妬していた気持ちが嘘みたいにスッキリする事があります。彼があの女性と話しているのは仕事です。仕事はしっかりとしなければデートもできませんし一緒に生活する事が出来るご飯を食べる事ができません。仕事は仕事、女性と話すのも仕事と割り切って考えてみましょう。きっと嫉妬心が薄れていくはずです。

ストレス発散方法を考える

仕事のストレスを外で上手に解消する事も円滑に仕事を進める上ではとても大切です。例えば外でスポーツをしてみたり、何か運動をして汗を流してみたり、好きな買い物を必ず週末はするようにしてみたり、趣味の時間を沢山作ったり…そういう好きな事を思いっきり楽しむ時間を増やす事で職場内の嫉妬でイライラしている気持ちが薄らいでいきます。

ストレスを溜め込まないように週末の仕事がない時間をストレス発散の趣味にあてるのはとても大切な事です。彼と一緒にできる事であれば更にストレス発散になり、2人の中を良好にするきっかけになるかもしれませんので、男女2人で楽しめる趣味を見つけるのが良いかもしれませんね。

まとめ

大好きな彼に嫉妬してしまうのは仕方ない事です。特に職場恋愛だと彼は常に近くにいる訳ですから、普段なら見なくてすむ場面まで見てしまって、余計な嫉妬にイライラしたりストレスが溜まってしまう事もあるでしょう。しかし彼もアナタの事が当然好きで付き合っている訳ですから、アナタが嫉妬で苦しんでいると正直に打ち明ければ彼もきっと分かってくれるはず。

正直な気持ちを彼に伝えて何で悩んでいて何に困っているのかをきちんと伝えるのはとても大切な事です。嫉妬をする前にまずは彼ときちんと話す場面を作る事を考えてみましょう。嫉妬する時間がもったいなかったと思えるくらいに素敵な解決方法を2人で見つける事ができるかもしれませんよ。